2017年10月

こんにちは、ダイです。

不良馬場確定の天皇賞です笑



なんとこれで3週連続の週末雨!

雨のGⅠ3連発はあんまり記憶にないですね。特に今日の不良馬場の天皇賞秋はプレクラスニーの勝った時以来だとか。

そうです。
メジロマックイーンが降着になったあのレースですね。

その時僕はまだ競馬やってなかったので、重馬場の天皇賞といえば、テイエムオペラオーの天皇賞秋かな。

あの時は府中に魔物が棲んでいるとか言われていて、一番人気は天皇賞に勝てないとか言われていました。

オールドファンには懐かしい逸話でしょ?

そのジンクスをオペラオーが破ってから今日まで一番人気勝ちまくってますがね笑


さて天皇賞の見解です!

本命は迷いに迷ってグレーターロンドン。

まだ重賞は未勝利。格下なのは百も承知の中、本命に抜擢しました。

なんといっても才能。

重賞未勝利とはいえ、これまで挑戦した安田記念、毎日王冠とまともな状態で走った事は一度もないんですね。

爪に不安のある馬で、中々うまくレースに使えなかったこの馬が満を持して挑戦できるのが、今回の天皇賞。

才能の一発にかけます。

思い返せばジャスタウェイ、スピルバーグなどの格下馬でも栄冠を手にできているのが天皇賞秋。

充分勝負可能とみてます。


◎グレーターロンドン


最強競馬ブログランキングに参加中!
下記のバナーから僕のランキングをチェック!応援よろしくお願いします!
 



最強競馬ブログランキングへ





菊花賞(GⅠ)

1着キセキ
2着クリンチャー
3着ポポカテペトル


土砂降りの京都競馬場。
まさにクラシック最終戦は荒れ模様の菊花賞となりましたね。

勝ったのはキセキ。
今年の夏、最大の上がり馬が見事に栄冠を手にした結果でした。

父ルーラーシップに似て、この重い馬場は上手く走り抜けた。まさに直線の抜け出し方は力強さそのものでしたね。

本来は飛びの大きい馬に見えるが、後脚のキック力が半端なく、重い馬場を叩きつける推進力となっていた。


ミルコの乗り方も完璧。

馬場の良いところを選んで走り、折り合いに専念。この重い馬場をいかに乗りこなすかに対して欧州の経験値が大きく効いたレースにも見えた。


そしてなんといっても勝ちタイム。
3分18秒9って天皇賞の様な勝ちタイム。

いかに苦しくもタフで厳しい馬場状態だったかを物語る結果となった。


キセキはこの菊花賞制覇で間違いなく自信をつけたはず。
相当タフなレースだった分、疲労は心配だが来年以降も充分期待できる馬だ。

そして2着のクリンチャー。
なんか一部では藤岡兄の神騎乗的に騒がれているみたいですけど、今回の模擬レースをすでにセントライト記念で試してましたよね。

それが適性の差で食い込めたのだけのこと。
それはおそらくは母系のブライアンズタイムの血。

土壇場でのスタミナ比べに持ち込めたのが要因。

やっぱりこれだけタフな菊花賞は近年のスピード重視の競馬ではなく、本来の本当に強いか馬が勝つと言われる菊花賞のあるべき姿というべきレースだったと思う。


そして最後に僕の本命馬ダンビュライトについて。

乗り方は完璧だった。
神戸新聞杯でトライアルしていたレースをこの本番でも出すことが出来た。

最後はスタミナ切れで鈍ったが、充分に見せ場は作ってくれた。

ナイスランである。

クラシック皆勤賞でしっかり最後のこの菊花賞でも5着に入線。

まだ1勝馬ながらも来年以降、一皮向けたダンビュライトになってもらいたい。


最後に僕の予想印の結果を。

単複ではなくボックスなら当たってましたね。残念!!


最強競馬ブログランキングに参加しました!
下記のバナーをクリックして頂ければ、僕のランキングが上がります。
応援よろしくお願いします!





富士ステークス(GⅢ)

1着エアスピネル
2着イスラボニータ
3着クルーガー


僕の本命イスラボニータは2着。
大外枠からエアスピネルをマークするように終始外めを追走。

馬場も悪かったので外を走れたのは結果的に負担もなく良かったが、この馬場ならラストは差を詰めるのに精一杯だった感じですね。


飛びの大きい馬で本質的には良馬場向きの馬で、ここまでしっかり走れるとは正直思ってなかった。

予想の段階では半信半疑だった自分を責めたいぐらい、イスラボニータはこの重い馬場を力強く走り切ってくれた。

感謝です。


次走は間違いなくマイルCSだろうが、この結果なら次も狙える。


勝ったエアスピネルは、走法的にも重馬場は得意。他馬が苦にする分、かなり差をつけることができた。

着差が能力差というわけではなく、適性の差も多少考慮しておく必要があるでしょう。


最後に僕の恥ずかしい馬券。
イスラボニータの単複応援馬券、元返し馬券で締めくくりたい。



最強競馬ブログランキングに参加しました!
下記のバナーをクリックして
僕のランキングをチェック!
応援よろしくお願いします!



さぁクラシック最終戦の菊花賞です。

淀の芝3000m戦。
本来ならスタミナ自慢が凌ぎを削るレースなはずですが、
ここ近年は高速馬場の影響でスピードを活かせる血統馬の台頭が目立つレースです。


しかし今年は大雨の中、道悪の重馬場での一戦が確実。


こうなるとスタミナとパワーを持つ馬、血統馬の出番です。


本命はダンビュライト。


1勝馬で中々勝ち切れないこの馬を本命にすべきか悩みましたが、この馬を菊花賞で狙うと決めていたので初志貫徹で。


なぜ菊花賞で狙うのか。


この馬が勝ち切れないのは絶対スピードのなさ。しかし持続力はあるから大崩れしない。こういった馬は菊花賞には向くと思ってます。


そして父ルーラーシップは長距離馬ではないものの、スタミナを維持できる血統背景なのも◯。


まずはこの馬の単複を買って、久しぶりに他の馬券で手広くやろうかなって思ってます。


メンバーが低調とか言われますが、やっぱりクラシック最終戦の菊花賞。

ワクワクしますね。

是非とも当てたい1戦です。


最強競馬ブログランキングに参加しました。
下記のバナーをクリックして僕のランキングをチェックお願いします!
応援よろしくお願いします!



こんにちは、ダイです。


キタサンブラックの今シーズン限りの引退が発表されましたね。


やはりとは思いましたが社台スタリオンステーションでの繁用との事。

父ブラックタイドはディープインパクトと同じ血筋。そして母系にサクラバクシンオーと、いったいどんな種牡馬になるのか興味が尽きません。


今日の富士ステークスに出走するイスラボニータ。

こちらもラストシーズンの戦いが始まります。(これは筆者の想像)

昨秋はこの富士ステークス、マイルCSともに2着。悔しいシーズンを今春にかけたが、マイラーズカップで勝ち切ると1番人気に支持された安田記念でまさかの8着。

スタートから順調なレース運びも直線でまさかの前が開かない展開。

もがきながら脚を使わずそのままゴールした悔いの残るレースだった。
(単勝をたらふく仕込んでた僕の悲壮感は相当^^;)


ならばリベンジはこの同舞台である府中のマイル戦から。


意気のいい若馬達がこぞって出走してきたが、返り討ちにしてくれよう。


問題は雨の降り続く東京での馬場状態。
伸びのあるチーター走法が活きない可能性もあるが、そこは歴戦の経験から克服する。


◎イスラボニータ



最強競馬ブログランキングです!
下記のバナーから僕のランキングをチェック!応援よろしくお願いします!



↑このページのトップヘ