いよいよ決戦の時がきましたね。


僕の中での国内最高峰の頂上決戦。


それがジャパンカップ。


今年はキタサンブラック、サトノクラウンの国内GⅠぶっちぎりの2頭に初めて挑む今年のダービー馬レイデオロ。


それ以外にも昨年のダービー馬マカヒキに、女王ソウルスターリング、もはやGⅠ常連のシュヴァルグランなどなど。


未出走のサトノダイヤモンドを除けばかなりの豪華メンバーでの決戦となりました。



本命はダービー馬レイデオロ。


休み明けのいきなりのクラシック挑戦となった皐月賞以外は全勝。


スローペースのダービーは神騎乗と言われたルメールの好判断での勝利が印象深いが、それこそ馬の能力があってのこと。


4角から直線に入るまでの軽さと直線の力強さはやはり世代ナンバーワン。


後の菊花賞馬キセキを完封したトライアル神戸新聞杯も強い勝ち方で、ジャパンカップ1本に絞ったローテーションも勝負気配あり。



◎レイデオロ
◯シュヴァルグラン
▲キタサンブラック
△サトノクラウン



この4頭に絞って勝負する。
最高峰の最強の争いが楽しみですね。



最強競馬ブログランキングの応援よろしくお願いします!

最強競馬ブログランキングへ