こんにちは。ダイキチです。
先週は僕の一方的な都合でブログをお休みさせて頂きました。

楽しみにされていた方、申し訳ありません。


今週から復帰しますのでよろしくお願いします!


先週のチューリップ賞、弥生賞はそれぞれ2歳チャンピオンが初陣を飾って文句なしのトライアルとなりました。

正直、現時点においては抜けた存在と言わざるを得ません。

しかしそこはクラシック戦線。

本番までに成長を見せる馬も必ずいるはずで、そこを見逃さず本番の予想へ繋げていきたいと思います。


では今週の予想へといきましょう。


IMG_3277
Photo by JRA


中山牝馬ステークス(GⅢ)

春とはいえ、まだ寒さの残る牝馬限定戦。
トリッキーな中山コースとあって波乱要素は充分。


過去の傾向を見ても、ダートに強い血統馬が馬券に絡んだり、なんといってもキングマンボ系がかなり優秀な成績。

キングカメハメハやエルコンドルパサーなど、キングマンボ系の血を引く馬が毎年好走しているのが目立つレースです。

あとハンデ戦ですが、斤量は関係なく走る馬は走るといった傾向もあり。

純粋に好調をキープしていて上記の傾向に該当した馬の中から馬券を買いたい。


本命はエンジェルフェイス。
昨年のニューイヤーS惨敗後、1年の休養を経て今年は準オープンから復帰。
持ち前の先行力を活かして見事に復活した。
一度崩れた牝馬は中々復活するのは難しいものだが、1年の休養が功を奏した形。
返す刀で京都牝馬ステークスも4着と好走。
これはもう完全復活と見ていいでしょう。
その前走はハナを切る形ではなかったものの、粘り強く走れており、この馬本来の競馬とすれば今回はスンナリ逃げの一手を打てそう。
それは間違いなくプラスに働く。
このレースに強いキングマンボ系を持つキングカメハメハ産駒とあって、ここは狙い撃つ価値あり!


対抗はトーセンビクトリー。
昨年の優勝馬。その後もクイーンSで2着に好走するなど牝馬限定戦では力は上位。
内枠から脚を溜めて直線上手く抜け出せば確実に伸びてくるので、今回の2枠発走も間違いなくプラス要素。
キングマンボ系に加えてダート適性の高い血統馬であり、昨年優勝からのリピートランに期待する。


◎エンジェルフェイス
◯トーセンビクトリー
▲マキシマムドパリ
△カワキタエンカ
☆フロンテアクイーン


馬券は馬連と3連複をBOX買いで。


最強競馬ブログランキングです!
2018年は上位狙います!